知って得する!男女問題に強い弁護士を選ぶ方法

不倫問題解決にプライバシーの管理がしっかりしている弁護士を選ぼう!
未分類

プライバシー管理

By on 2018年7月8日

たとえ弁護士であっても、不倫に関する悩みはあまり知られたくないというのが心情でしょう。しかしながら、不倫問題を解決するに当たって、相談者は弁護士に、本来なら隠しておきたいようなプライベートな話を打ち明けなければなりません。そこで大切なのがプライバシーポリシーになります。プライバシーポリシーとは企業が業務上知り得た個人情報をどう扱うかについての方針を指し、そこには個人情報の管理方法や用途、免責条項などが示されています。また、たいていの場合、企業はプライバシーポリシーをホームページ上などで公開しています。

プライバシーこれに関しては、弁護士事務所についても同じことが言えます。特に、業務を遂行する上で個人情報の開示が必ず必要となる弁護士事務所にとって、プライバシーの遵守は絶対条件となり、相談者はここを頼りに信用できるかどうかを判断します。最近では、個人情報の取り扱いが適切に行われていることが認められた民間企業にのみ付与されるプライバシーマークを取得している弁護士事務所もあります。

信頼できる弁護士に出会うには、まず、信用できる弁護士事務所を選ぶことが大切です。安心して任せられる弁護士かどうか判断する際の目安として、このプライバシー管理についても頭に入れておきましょう。

未分類

弁護士を選ぶポイント

By on 2018年7月6日

一般的に、不倫による慰謝料請求や離婚など男女問題によるトラブルは一般民事の分野になり、大抵の弁護士が扱っています。しかしながら、弁護士にも得意不得意があり、どの弁護士でも大丈夫とは言い切れません。では、何を基準に選べばよいのでしょうか?

弁護士
画像引用 “浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

これは分野に関係なく、弁護士を選ぶことに置いて共通して言えることではありますが、大切なのは地域と相性です。もちろん、不倫などの男女問題を専門的に扱っている弁護士事務所があれば、そこを選ぶに越したことはありません。しかしながら、専門分野を持つ弁護士事務所は都市部に集中しており、地方にはなかなかないというのが現状です。そこで、先ほどの2点に絞って選ぶことで、希望に近い弁護士をスムーズに決めることができます。

まず、地域とは弁護士事務所がある場所のことです。弁護士に相談や依頼をする場合、幾度となく事務所に足を運ぶ必要があります。だからこそ、アクセスに便利な事務所を選ぶことが大切です。次に、相性とは弁護士との相性です。不倫という繊細な問題を相談する上で相性はとても重要な要素になります。また、不倫問題に対する経験値を測る上でも、相性がよい方が判断しやすくなります。辛い状況に置かれている時だからこそ、負担となる要素は排除し、自分に有利な弁護士を選ぶことが大切です。

未分類

不倫による慰謝料請求

By on 2018年7月4日

最近、テレビや雑誌などで不倫に関する話題を目にする機会が多いですが、不倫は被害者側に相当な精神的ダメージを与えるだけでなく、夫婦の婚姻関係に影響を及ぼす繊細かつ深刻な問題です。一般的に、配偶者から不倫された際、被害者側が望むことは不倫の代償として慰謝料を請求することです。しかしながら、慰謝料の請求には一定の条件があり、条件を満たしていないと慰謝料は請求できません。

慰謝料では、慰謝料を請求できる条件とはいったい何でしょうか?慰謝料を請求できる条件には判断が難しい曖昧な部分もありますが、基本的には以下の2点が重要な判断材料になります。それは不倫相手に故意、過失があること、そして、不貞行為により権利の侵害を受けたことです。例えば、既婚者と知りながら不貞行為をした場合、不倫相手に故意、過失があったことと見なされます。或いは、不倫相手と不貞行為をしたことにより、それまで円満だった夫婦関係が破綻した場合は、不貞行為により権利が侵害されたことと見なされるのです。

例示した中で共通していたのが不貞行為です。慰謝料を請求する場合、この不貞行為が行われたことが大前提となります。一部の判例においては、不貞行為なしで慰謝料請求が認められたこともありましたが、これは非常に稀なケースと考えてよいでしょう。これから慰謝料を請求しようとお考えの方は、不貞行為があったかどうかを基準とし、さらに上記2点を満たしているか確認した上で判断するとよいでしょう。

未分類

男女問題を扱う弁護士

By on 2018年7月1日

不倫不倫や離婚、別れ話のもつれ、ストーカーなど、今の世の中、男女問題のこじれで悩まれている方はごまんといます。男女問題はかなり個人的なことなため、一人で抱えこみ、自分でどうにかしようとした結果、話が余計ややこしくなるケースがよく見受けられます。複雑な男女問題は第三者が介入する方がスムーズに解決することが多いのです。それにはさまざまな理由があげらますが、繊細な問題をはらむ男女問題の場合、弁護士に介入してもらうのが妥当です。

例えば、配偶者が不倫し、被害者自身が自分で相手の女性に慰謝料を請求したとしましょう。それが上手くいき、解決した際は慰謝料の条件や誓約書などが盛り込まれた示談書、契約書といった書面が作成されます。これらの書面は後々、裁判に発展した時や慰謝料の支払いが滞っている時などに使用されるため、法律に基づいた信頼性の高いものでなければなりません。また、この慰謝料請求にも条件があり、条件を満たしていなければ請求すらできません。更に、条件にも細かい制約があるため、個人で判断するのは難しいのです。このように慰謝料請求を一つとって見ても、専門家である裁判官の存在が大きいことが伺えます。

ところで、弁護士選びには秘訣があることをご存知ですか?不倫などの複雑かつ繊細な男女問題の解決には、精神的にも相当な負担を強いられるため、解決のサポートをしてくれる弁護士選びはとても重要です。このサイトでは、自分一人では抱えきれない男女問題でお悩みの方に、解決の糸口になるような有益な情報を提供しています。